きらきら!!紫微斗数で数字は何を意味するのか?
 

今日は12月6日、丁卯の日です。

前回の記事では紫微斗数におけるABCDの事を書いてみました。
          ↓
紫微斗数でABCDは何を意味するのか?

 

今日はもう少し話しを進めたいと思います。

東洋占星術で基礎となる数字の概念に
「河図」「洛書」というものがあるんですが
初めてWikiで「河図」と「洛書」のことを読まれた方は
??????ってなるかもしれませんね。

簡単な考え方としては
「河図」を本籍、「洛書」を現住所にたとえたら分かりやすいと思います。
そんなものがあるんだなあ~、ぐらいでOK!ですよ

その「河図」の数字の配列を、前回紹介した図に当てはめたものが以下になります。

ちなみに「河図」ってこんな風になっています。
           ↓

(画像はWikiからお借りしています)

 

白丸は奇数、黒丸は偶数です。
これを見てもらうと、上の図の数字の配置の意味がお分かりいただけると思います。

次はこの数字が宮(ハウス)と、どう関係しているのかを書いていきますね。